その他の女性向けサービス

ここで、宿泊施設以外の女性限定のサービスについてみていきましょう。茨城県のとある教習所では、女性の教習生に限って、人気のレストランのランチへの招待や、フルーツの盛り合わせやケーキなどをプレゼントするサービスを行っています。また、宿舎の中でマッサージチェアや乗馬マシン、エアロバイクを利用することができます。一方、新潟県のとある教習所では、女性限定でエステやネイルケアが受けられます。これらのサービスは自動車の教習とは一見無関係ですが、教習所を選ぶ上では決め手になりますよね。

この他にも、対象は女性限定ではなくても、女性を意識したサービスは多く行われています。曜日や日付によって、レストランでケーキバイキングが楽しめたり、近隣の温泉地へ教習所からバスが出ていたりと、教習のことを抜きにしても「行きたい!」と思ってしまうサービスは魅力的です。

免許を取りに行く、というのはほぼすべての人にとって初めての体験です。ひとりで参加しても、周りにいる同じような立場の人と知り合い、励ましあうことができますし、身近にそろそろ免許を取りたい、と考えている人がいるのであれば、一緒に合宿免許に参加するというのも可能です。一人だと緊張してしまいそうな場面でも心強いですし、気心の知れた相手が近くにいれば、知らない環境への不安も小さくなることでしょう。この夏の計画の1つに、合宿免許を加えてみませんか?

女性が選ぶ合宿免許

合宿免許先を選ぶにあたって、女性としてまず気になるのはセキュリティですよね。教習所によっては、合宿免許のプログラムは女性限定にしているところもありますし、そうでなくても教習所内の宿舎は基本的には男女別になっています。

女性ひとりで合宿免許に参加するなら宿舎は個室を選びたいところですが、バスとトイレを備えた個室のある宿舎を持つ教習所も多くあります。教習所ではなく近くのホテルに泊まるプランを選べば、ひとりの時間と空間をより確保しやすくなります。教習所とは違う環境に身を置くことで、気分転換もできることでしょう。

合宿免許の場合、教習所内外のレストランでの食事が料金に含まれていることが多く、メニューもそれぞれに工夫されています。ただ、メニューにバリエーションがあるとしても、2週間も外食が続くことに抵抗を感じる人もいることでしょう。女性向けのプランを用意している教習所の多くでは、一般のアパートのようなキッチンつきの宿舎に泊まる自炊プランも用意されています。スーパーに買い物に行き、食事を作るのもよい気分転換になりそうです。

また、合宿免許は空き時間にしたいことを基準に選ぶことも可能です。温泉が好きなら温泉地の教習所も選べますし、観光やショッピング、時にはリッチな食事も楽しみたいというような場合は、観光地やレジャー施設が近くにある教習所を探すこともできます。

合宿免許とは

女子学生のみなさん、夏休みの予定はお決まりでしょうか。家族や友人との旅行やアルバイトなど、長い休みなりの予定が多いと思いますが、運転免許を取りたいと考えているのであれば、夏休みは絶好の機会です。せっかくの休みに、免許のためとはいえ学校(教習所)に通うのは気が重いとお考えかもしれませんが、そんな人におすすめなのが「合宿免許」です。自宅から多少離れたところの教習所内、または近辺に宿泊しながら、効率的に教習を受けるもので、普通車AT免許であれば2週間ほどで教習を終えることができます。

合宿免許の利点はいくつかありますが、まずは教習を受けるという目的と並行して、ちょっとした旅行気分を味わえるという点が挙げられます。もちろん行き先は好みに応じて選ぶことができますし、ふだん都市部に住んでいるのであれば、交通量が多すぎないところで落ち着いて運転の練習をする、というような選択も可能です。さらに、合宿免許では教習を集中的に受けることができます。2週間分の教習スケジュールはあらかじめ決められており、体で覚えた感覚を忘れないうちに次の教習に臨むことができるのです。

とはいえ、宿泊を伴うとなると、どんなところに泊まるのか、食事はどうなっているのか、セキュリティはしっかりしているかなど、女性としては気になることが多いですよね。しかし、心配は無用です。合宿免許を行っている多くの教習所が、女性が安心して利用できるよう考慮したプランを用意しています。以下では、その具体的な例を見ていきましょう。